医療法人みなとみらい

メニュー

まちのクリニックから日本の医療を、そして社会を変えていく。

Medical Corporation Minato Mirai

SCROLL

まちのクリニックから
日本の医療を、そして社会を変えていく。CLINIC CONCEPT

医療法人みなとみらいは、1997年10月、鎌倉幕府の書庫であった地「金沢文庫」に、金沢内科クリニックを開設したことから始まります。 横浜市立大学付属病院第3内科(現 内分泌糖尿病内科)で診療にあたっていた田中俊一(現 当法人理事長)が、大学を離れて実現させたのは、専門に特化したクリニックでした。
当初より糖尿病・甲状腺の専門クリニックとして、疾患に対する総合的な診療を実施し、常に患者さんにとって最適な治療法の選択につとめてきました。
特に、糖尿病をはじめとする生活習慣病の治療方針として、食事療法、運動療法に加えて「睡眠の質の改善」に早くから注目し、睡眠時無呼吸症候群の診断・治療に取り組んだ数少ない医療法人でもあります。
昨今では、神奈川県推進の健康寿命を伸ばす「未病」プロジェクトにも積極的に参加。
また培ってきた数多くの臨床データをもとに、新しい治療方法の研究にかかわるなど、専門クリニックの特徴を活かしてさまざまな医療ニーズに対応しています。
一方、スタッフの育成にも力を注ぎ、患者さんへの医療サービスの充実もはかっています。私たちはこれからも、地域の医療に貢献し、医療を通じて社会に貢献してまいります。

代表あいさつGREETING

医療法人みなとみらい 理事長
田中 俊一

多忙な現代人の健康回復・増進に寄与します。

近年、睡眠呼吸障害が頻脈、高血圧、糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病と密接に
関わっており、放置しておくと心筋梗塞や脳卒中を引き起こすことがわかっています。
そして、「睡眠呼吸障害~頻脈、高血圧、糖尿病、動脈硬化~心筋梗塞・脳卒中」という
ドミノ倒しのような連鎖が起きやすいのが、運動不足・過食・睡眠不足に陥りがちな多忙な現代人です。
そうした方々の健康回復・増進に寄与すべく、法人開設より培ってきた実績と経験を活かし、
“より良い医療”を“より良いサービス”でご提供します。

理事長経歴HISTORY

1983年
横浜市立大学医学部 卒業
1985年
横浜市立大学医学部第三内科(現:内分泌糖尿病内科) 入局
1995年
横浜市立大学医学部内科学第三講座 講師
1997年
金沢内科クリニック(現 医療法人みなとみらい)設立
1997年
ニューヨーク市立大学〈Mt. Sinai School of Medicine, assistant professor〉
2002年
国際医療福祉大学附属熱海病院 内分泌糖尿病内科 教授
2003年
国際医療福祉大学大学院 臨床試験研究分野 教授
2005年
国際医療福祉大学附属三田病院 内分泌糖尿病内科 教授
2007年
横浜市立大学大学院 教授

現在PRESENT

医療法人みなとみらい 理事長
横浜市立大学大学院医学研究科 客員教授
星薬科大学大学院 非常勤講師

所属学会AFFILIATION SOCIETY

日本糖尿病学会(専門医、研修指導医)
日本睡眠学会
日本内分泌学会
日本肥満学会
日本病態栄養学会(評議員)
日本内科学会(認定医)
米国糖尿病学会(American Diabetes Association)正会員

ニュースNEWS

2016.11.28
神奈川県「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」に採択されました。
【神奈川県記者発表資料URL(外部リンク)
「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」の提案を採択しました!

ネットワークNETWORK

1997年、金沢文庫に最初のクリニックを開院以来、
逗子、浦舟、藤沢、みなとみらい、辻堂と、
神奈川県内に拠点を広げてきました。
2015 年には東京新宿にクリニックをオープン。
全7院のネットワークを活かしながら、
地域密着の医療貢献をめざしています。

診療理念CONCEPT

睡眠の改善から、健康な生活をめざす。

医療法人みなとみらいでは、よりよい医療サービスを提供するため、つねに患者さんひとりひとりのニーズに合わせた医療を実践しています。
早くから糖尿病や生活習慣病と睡眠の関係に着目し、睡眠時無呼吸症候群の研究・治療に力を入れてきました。
これを放置しておくと、寝ている間に酸欠状態となり、脈拍が上がり、血圧も上昇します。この状態が数年続けば血糖値が上昇し、やがて糖尿病に至るおそれがあります。
糖尿病になると、動脈硬化、そして心筋梗塞や脳卒中のリスクが大幅に高まることが知られています。
私たちは、蓄積された最新のデータと経験にもとづき、睡眠時無呼吸症候群と糖尿病をはじめとする生活習慣病との関連性を提示し、双方の状態を把握しながら患者さんに応じた治療方針を提案します。
また甲状腺疾患についても、みなとみらいクリニックにおいて日本甲状腺学会より専門施設としての認定を受けており、エコー検査をはじめ、細胞検査も実施し悪性病変の診断まで行います。専門的な医療環境をととのえたまちのクリニックとして、患者さんの身近な存在であり続けます。

診療科目DIAGNOSIS

糖尿病・生活習慣病・甲状腺疾患と
睡眠時無呼吸症候群の
専門治療を行っています。

医療法人みなとみらいグループでは、治療を継続していく上での悩み、不安、疑問、日常のケアなど、療養上の困難に対し、医師、臨床検査技師、管理栄養士、看護師、事務職員が連携し「チーム医療」で患者さまをサポートします。

糖尿病外来
1型糖尿病、食後過血糖症から2型糖尿病を対象に、外来インスリン導入、SMBG指導まで専門医師が診断と治療
生活習慣病外来
メタボリックシンドローム、高脂血症、高血圧、痛風、動脈硬化等の生活習慣病の診断と治療
甲状腺外来
バセドウ病、橋本病など、甲状腺疾患の診断と治療。
甲状腺エコーとバイオプシー検査も実施
睡眠時無呼吸症候群外来
睡眠中に呼吸が止まり、日中に「眠気」や「記憶力・集中力の低下」などを招く、睡眠時無呼吸症候群の診断、治療

法人概要OUTLINE

法人名
医療法人みなとみらい
設立
1997年
所在地
横浜市西区みなとみらい2.2.1横浜ランドマークタワー39F
TEL 045.640.1158
クリニック
金沢内科クリニック
横浜市金沢区谷津町341 TEL 045.787.0221
みなとみらいクリニック
横浜市西区みなとみらい3.6.3 MMパークビル3F TEL 045.664.6606
逗子金沢内科クリニック
逗子市逗子2.6.26 TEL 046.870.6606
浦舟金沢内科クリニック
横浜市南区浦舟町4.47.2.201 TEL 045.250.6077
藤沢金沢内科クリニック
藤沢市南藤沢20.18 長塚第一ビル 1F TEL 0466.29.1122
辻堂金沢内科クリニック
藤沢市辻堂神台2.2.1 アイクロス湘南1F TEL 0466.86.7706
東京睡眠代謝クリニック新宿
東京都新宿区新宿3.37.11 安与ビル3階 TEL 03.6274.8633
代表者(創立者)
田中俊一
スタッフ
126名(常勤62名 非常勤64名)
2016年1月現在
URL
www.kanazawa-naika-clinic.or.jp

主な実績RESULT

日本における2 型糖尿病患者の
睡眠時無呼吸症候群合併率はどのくらいか?

2008年5月に行われた、第51回日本糖尿病学会年次学術集会において、田中俊一が世話人をつとめる研究グループ(JEDAS*)が演題発表を行いました。
この研究は、国内の2 型糖尿病患者を対象に、糖尿病と睡眠時無呼吸症候群の関係を調べたもので、有病率の推定、原因はどちらにあるのか、治療を行うと糖尿病はよくなるのか…などを考察。
全国の大学病院や糖尿病医療機関と連携して1,000 例近いデータをもとに行われた臨床研究でした。
糖尿病と睡眠時無呼吸症候群の合併については、アメリカの論文報告などから関連が深いとされてきましたが、日本人を対象とした調査報告は、このJEDAS Studyが国内初となりました。
その後、国際糖尿病連合(IDF)でも、両者の関連が深いことが発表されています。
JEDASの研究結果から、国内における2 型糖尿病患者は、太っている、痩せているなどの体型に関係なく、約3分の1が睡眠時無呼吸症候群を合併していることが明らかになりました。

* Japanese Epidemiology DM and SAS

神奈川県「未病産業の創出におけるモデル事業」
睡眠時の音声解析による病態分析

睡眠時無呼吸症候群は潜在患者が多く、合併症の併発率の高さなどによる社会的コスト・リスクも決して小さくありません。
一方、その診断に必要な睡眠時ポリグラフ検査(PSG)には多数のセンサを装着して睡眠する1泊の入院が必要であるため、対応可能な病院は限られています。
このため現状では、睡眠時無呼吸症候群患者の発見と治療は充分とはいえない状況です。
私たちはこの状況に対処すべく、音声病態分析技術を持つPST 株式会社と恊働で、音響信号情報を活用した睡眠障害の検査手法について検討。
睡眠中の呼吸音(いびき・気流音)を解析することで、睡眠時無呼吸症候群の診断を容易にする支援技術研究を進めてきました。
その結果、PSGで測定される睡眠時の呼吸音と、無呼吸状態の呼吸音では音質の違いがあることが判明。
PSGで必要とされる多数のセンサの一部をマイクで代替できる可能性があることがわかってきました。
この先、睡眠時無呼吸症候群の検査入院が必要かどうかの判断が、たとえばスマートフォンなどの一般機器で収集した音声を解析することで可能になり、早期発見にも役立てることができるかもしれません。

平成26年神奈川県未病産業の創出に係るモデル事業(平成26年11月5日採択)

平成27年神奈川県未病産業の創出に係るモデル事業(平成27年10月14日採択)

PAGETOP